西東京市 遺品整理での再会

2020/04/07 ブログ

緊急事態宣言されました。しかし、いきなり生活を変えるのは難しいので、変わらずウィルスに怯えながら仕事する人達、

都心から地方へと移動される人達と人間の行動は様々です。

私達は遺品整理と言うちょっと暗いお仕事ですが、今まで様々な笑顔も見てきました。

故人の大事にしていた思い出の物が見つかったり、ダンボールにずっと入っていた昔の絵や写真が見つかったり…

何十年も忘れ去られていた品との出会いがあります。

 

私達は親族ではないので

遺品みたらゴミと思うのかと言うと

違います。

人それぞれですが、大事な物は奥に奥にしまわれます。

今なくても大丈夫だが捨てたくないものですから。

忘れているものもあるかもしれないですが、大事な物です。

プライバシーを守り、ご依頼様には

これはどういたしますか?と、

聞いてみると、大事な思い出にしますと

持ち帰っていただいたり、

スマホに写真として収めたりする方もいます。

 

 

不要不急な外出は自粛の今、

最新のニュースに怯えてストレスをかかえてばかりじゃ精神的によくありません。

是非この機会にお部屋の片付けや、思い出などに浸ってみて下さい。

引き続き、一人一人気を引き締めて

感染拡大を防ぎましょう。